1. 資生堂 薬用アデノゲングレイシィ

資生堂 薬用アデノゲングレイシィ

管理人の評価(平均:3.0点)
価格 7,020円(税込)

資生堂の育毛剤「アデノゲン」の女性版。生体内薬用成分であるアデノシンに加え、有効成分が複数配合されています。はじめヒンヤリと爽やか、やがてじんわりと温まる使い心地。

 

感じた効果 ⇒ 3

抜け毛はすぐに減る印象がありました。新しい髪が生えてくるというより、抜ける髪が減るという感じがしました。刺激は少なめ。髪にコシが出るように思います。

髪の根元が起き上がる感覚があるので、髪を長く伸ばしている人の方がより恩恵を感じられるかも。

 

成分の内容 ⇒ 3

人の身体にもともと存在しているアデノシンに加え、パナックスジンセンエキス、β-グリチルレチン酸などの有効成分を配合しています。保湿成分として、和漢植物であるサンショウエキスも配合。地肌の環境を作るというより、地肌と髪を同時に修復する育毛剤という感じです。

 

買いやすさ ⇒ 3

一般のドラッグストアなどではあまり、扱われていないみたいですね。でも資生堂の公式通販ページ「ワタシプラス」や、Amazonなど大手通販で買えるので、探すのに苦労はしません。

同じ資生堂のアデノバイタルと違って、買う場所による価格のバラツキは、少ないです。

 

使いやすさ ⇒ 3

細いノズルのスプレー式。角丸の長方体ボトルで、コロンと可愛らしいのですが、手の小さい人にはちょっと握りづらいかも。軽いので持ちやすく、スプレーしやすいです。

 

価格 ⇒ 3

150mL入りで7,020円(税込)と、女性用の育毛剤としては高めの標準といったところですね。朝晩の1日2回使って、ひと月くらい使えます。

 

資生堂の育毛剤、アデノゲンの女性版がアデノゲングレイシィ

資生堂の育毛剤「薬用アデノゲン」は、もともと男性用のもの。それから派生して発売されたのが、女性用の「アデノゲングレイシィ」です。

コロンとしたフォルムの、可愛らしくて軽いボトル

 

ピンクで光るボトル、って育毛剤には珍しいですね~。化粧品みたいです。

有効成分としてパナックスジンセンエキス、メントール、サンショウエキスなどが表記されていたので、ひょっとして刺激が強いかな?と思ったんですがそんなことはなかったです。

他の女性用育毛剤と同じように、刺激の少ない使い心地でした。

 

使い方も、他の育毛剤と同じですね。乾いた地肌に直接、少しずつ吹き付け、指でやさしくマッサージします。頭全体にいきわたるのに、20プッシュくらいですかね。

ジンジンと浸透するような感覚はありませんが、最初はちょっとスースー。時間が経つと頭皮がちょっと温かくなる気がします。

髪をかき分けて地肌に近づけてからプッシュします。液はサラサラしてるので流れやすいですね。少しずつつけて、すぐにマッサージする、という繰り返しがいいと思います。

 

噴射ノズルの大きさと長さは、ちょっと変わってます。

 

短めで細いノズルで、噴射力が強いので、拡散せず一か所に吹き付けられるんですよね。だから、うっかり同じところに何度も吹き付けると、液が流れるので要注意です。

香りは漢方薬っぽいです。強くはないけど、薬っぽいので好き嫌いはあると思いますね。

使い始めからすぐ、抜け毛が減った印象があります。新しく毛が生えてきた、ということはありませんが、成長途中で抜けてしまう毛が減るなら、少しずつ髪が強くなるかも?と期待しちゃいます。

というわけで、アデノゲングレイシィはなかなか期待度の高い育毛剤でした。

アデノゲン グレイシィの公式ページはこちら

 

アデノバイタルとの違いは?

資生堂からは、アデノバイタルスカルプエッセンスという育毛エッセンスが発売されていて、これがなかなかの人気。サロン専売品で、お店では買えないんですがAmazonで注文することが出来ます。

アデノバイタルも女性用育毛剤のひとつだし、有効成分のひとつが同じ「アデノシン」。となると、このふたつの違いって何?と気になってしまいます。

アデノゲンは元々、男性用の育毛剤として発売されており、それの女性版が、このアデノゲングレイシィ。発売はアデノバイタルが先だったのか後だったのか分かりませんが、どちらか片方でいいような気がしますよね。

でも変わらず両方あるのはどうしてなのかなーと思いましたが、一番の違いは「サロン専売品かどうか」ってことみたいです。

 

アデノバイタルはスカルプケアのシリーズ名です。つまり、シャンプーやコンディショナーも、アデノバイタルという名前で販売されています。サロンではアデノバイタルシリーズを使ったトータルケアを受けられます。

まずはシャンプー後、ウォーミングプライマーで頭皮に浸透する道筋を作ります。その後オプティマイジングジェルで頭皮に潤いを与え、ADブースターという機器でジェルを浸透。

次にシールインスプレーで頭皮を収れんし、スカルプトリートメントで頭皮環境を整えます。ここまで全部、アデノバイタルのシリーズ品で行われます。

そして最後の仕上げに、アデノバイタルスカルプエッセンスでマッサージ。ここまでが、ひとつのコースになってるんですね。

 

つまり、アデノバイタルはトータルで使うのを想定したもので、アデノゲングレイシィは単独で使うのを想定したものということになります。

家庭で使うには、どっちがいいですかね。一概に言い切れませんけど、トータルで使うのが前提のものを使うなら、シャンプーやコンディショナー選びはもちろん、浸透させるための前準備もそれなりに必要かなと感じます。

それに、もしアデノバイタルシリーズの製品を全部そろえたとしても、サロンで受けるような施術が自力で出来る人は少ないと思うんですよね。

そう考えたら、アデノゲングレイシィの方が、自宅で使うには向いているんじゃないかなと思いました。

 

こちらもどうぞ

資生堂アデノバイタル スカルプエッセンス

資生堂の美容室専売スカルプケア品です。ネット通販で、手頃な値段で買える場合もあります。独自の成分アデノシンと、新技術で頭皮全体から浸透します。