1. 柑気楼(かんきろう)

柑気楼(かんきろう)

管理人の評価(平均:2.8点)
価格 5,680円(税込)

青みかんの成分を使った、頭皮を柔らかくして血行促進する育毛剤。炎症を抑える成分が配合されているので、頭皮に吹き出物が出やすい人におすすめです。

オレンジのキャップの通常タイプと、グリーンのキャップのさっぱりタイプがあり、皮脂の多い人はさっぱりタイプを。

 

感じた効果 ⇒ 3

柑気楼には、マイルドタイプとさっぱりタイプがあります。私が使ったのはマイルドタイプでしたが、かなり爽快感がありました。柑橘系の良い香りがしますし、頭皮もさっぱりします。

炎症が起きている、頭皮がとにかく脂っぽい、抜け毛が目立つという人は効果を強く感じられるのではないかと思います。

 

成分の内容 ⇒ 

センブリ・オタネニンジン・青みかん・柚子などのエキスの他に、メントールなどが配合されています。頭皮の血行促進、保湿、消炎作用のある成分のみで、頭皮に刺激を与える成分は入っていません。

発毛・育毛に役立つ成分はあまり入っていないので、薄くなった髪を太くする目的にはそぐわないものの、女性の頭皮環境を整えるのには良い成分が含まれているといえます。

 

買いやすさ ⇒ 3

もともとテレビショッピングで人気が高まった製品です。現在は公式ページのみでの販売になっています。サイトは見やすく、定期購入やまとめ買いの際の割引率も分かりやすいので、買いやすいと思います。

 

使いやすさ ⇒ 2

ボトルが大きく、手の小さい人には握りにくい形状です。女性用育毛剤なのに、一般的な女性の手には大きすぎる気がしますね。

以前はボトルがガラス製でとても重たかったので、改善されたんですよね。現在はプラスチック製のボトルもあり、選べるようになっています。中身がたくさん入っているうちはやっぱり重いですが・・・。

 

価格 ⇒ 2

1本あたり5,680円。送料は以前は600円でしたが、現在は無料になっています。2本以上のまとめ買いで割引があります。単品価格として考えれば高くはないのですが、頭皮環境の改善効果があるのみで、育毛効果はあまり期待できないことを考えると、育毛剤としては割高かと思います。

ちなみに、柑気楼には「とろみ練匠」「健露」という発毛促進剤もあります。発毛・育毛目的なら、それらを一緒に使うとより効果が高まるようですよ。

 

柑気楼は、育毛初心者におすすめ

柑気楼はもともと、テレビショッピングで人気が出た女性向け育毛剤です。育毛剤独特の漢方薬のような香りがなく、柑橘系の爽やかな香りがします。

青みかん、柚子などの柑橘類のエキスを使った独特の処方で、頭皮が脂っぽくなる中年以降の女性に人気が高いようですね。

 

私自身も、40代になってからはかなり髪の根元が脂っぽくなったのを感じます。頭頂部の髪の根元はじっとりするのに、耳上など一部の頭皮は乾燥するという状態。洗いすぎると余計に荒れるし、困りものです。

育毛剤はどれも頭皮環境を改善する成分が配合されていますが、柑気楼はその成分が「柑橘系」です。化学化合物でないので、頭皮に刺激がないんですね。

爽快感があり、保湿成分、消炎成分が配合されているので、乾燥して炎症を起こしやすい、または頭皮が脂っぽくなって不快感があるという人に、柑気楼は向いていると思います。

ただ、育毛剤に多い柑橘系のエキスは、肌が敏感な人の中には強すぎるものもあるので注意が必要です。良い香りがするし、さっぱりするので好む方が多い柑橘系のエキスですが、意外と刺激が強いものです。

育毛のためのエッセンスとして作られているので、ほとんどの人にはダメージはないと思いますが、過敏な方は注意が必要かと思います。

 

難点はボトルが重くて持ちにくいことと、育毛促進の成分は配合されていない点ですね。

もっとも、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まっているとか、乾燥による炎症で髪がよく育たない状態なら、その点を改善するだけで髪は太く育つのではないかと思いますけどね。

生えなくなってしまった髪を発毛させるとか、産毛のように細い髪が増えてしまってから使うには向きませんが、年代により頭皮環境が変わってきたと感じる人が使うには、柑気楼は向いていると思います。

頭皮がベタつくと感じる人は、同じ柑気楼でも「さっぱりタイプ」を使うと良いと思います。私が買った、写真に写っている製品は、「マイルドタイプ」の方です。

使い心地にあまり大きな差はないみたいですが、好きな方を選ぶといいですね。

 

こちらもどうぞ

花蘭咲(カランサ)

血の巡りを良くするエビネ蘭のエキスを配合した育毛剤の花蘭咲。有効成分は天然のもの。合成化学物質を使わず作られています。副作用の心配がないのはもちろん、強い香...